孔雀洞雑貨舗

kujakudo2

孔雀洞雑貨舗(クジャクドウザッカテン)とは

 1999年設立。
 ・18世紀英国ロマン主義から想起した装身具
 ・19世紀英国博物趣味から想起したアンプル型似非天氣管(ストームグラス)
 ・金属外装の小型万華鏡
  を制作しています。
 都内を中心に百貨店や大型商業施設内の店舗への卸、東京・大阪・京都の東急ハンズへの直接出店を中心に活動しています。
 実店舗はございません。

目次

◆最新の出店・納品情報はTwitterをご確認ください。→ Twitter
Instagram
ブログ(1〜2ヶ月に一度、確定している催事予定を更新しています。)
◆お問い合わせはメールでお願い申し上げます。→info@kujaku.info
 (少人数で対応しておりますため、繁忙期や出張時はお返事が遅れる場合がございます。)
ezweb、yahooの方から、メール不着のお問い合わせが増えております。
三日間以上返信がない場合にはお手数ですが今一度ご連絡下さいますようお願い申し上げます。

掲載誌情報

steam2018◆不思議の国のアリス ビジュアルファンBOOK(マイナビ) スチームパンク東方研究所5 架空未来的絵画・造形・装飾品の世界(グラフィック社)スチームパンク東方研究所4 理科趣味の部屋(グラフィック社)スチームパンク東方研究所 革と真鍮の道具・機械・装身具

アンプル型似非天氣管(ストームグラス)に関して

ストームグラス01 ストームグラス02 ストームグラス03

【ストームグラスとは】
19世紀ヨーロッパで使われた天気予報の道具。
一般的には高さ10インチ、直径3/4インチの硝子管に溶液を封入したものを用いる。
ストームグラスの現象は科学的には完全には解明されておらず、気温、湿度、気圧、大気電気学的影響等によって溶解度や結晶形状が変化するためと考えられている。
(※現在の科学では結晶の変化の原因はほぼ気温の変化に起因するものと考えられているようです。)
【孔雀洞雑貨舗の似非天氣管とは】
一綴りの羽根状結晶が最も美しく成長し、その結晶を間近で観察することが出来るよう、薬液の濃度、容器の容量および形状を試作検討を繰り返して販売に至りました。
2014年に出版されたスチームパンク東方研究所4(グラフィック社)にも掲載頂いております。
【ご注意】
本品は室内装飾品として制作しており、気象予報を目的としては制作しておりません。
天気と溶液の変化が必ずしも一致するとは限りません。何卒ご了承下さい。
【サイズ】
2018年現在、10mLアンプルと5mLアンプルを定番商品として、2mLアンプルを用いた吊り下げ型オブジェ、20mL、50mLアンプルを製造販売しております。

※当舗のアンプル型天氣管の模造品・類似品がminneなどのハンドメイド品販売サイトやハンドメイド販売イベントなどで販売されているようです。類似品にご注意下さい。※